漢方薬で”眠くならない”花粉症対策を

今年は早くも花粉が飛び始めているとのことです。
花粉症は体の免疫が花粉に対し異常反応を起こすことで発症します。
漢方では花粉から体を守ってくれる力のことを衛気といいます。
衛気不足が不足している方は、
汗をよくかく、冷え性、風邪を引きやすい、疲れやすい、すぐ息が切れる、食欲不振、軟便などの症状が現れやすいです。
衛気を強化していくと、皮膚・鼻・気管支などの粘膜細胞が強化され花粉等の外的刺激から体を守る事が出来るようになります。
身体の外と内から花粉症対策をし快適に春を過ごしましょう。