手・足・腰の痛み

リウマチ・慢性関節炎・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症・神経症などの痛みを伴う症状を中医学では痺症といいます。
痺には元々通じない・塞がるという意味があります。寒さ・湿気・老化・器質的変化などにより体内の気血の流れが滞ると痛みが生じます。不通則痛といいます。
その状態で放っておくと、瘀血(血行不良)、痰湿(余分な老廃物がたまる)が発生し、より気血の流れが滞り悪化していきます。
痺症は特徴に応じて風痺・寒痺・湿痺・熱痺・頑痺と5つに分けることが出来ます。

痛みの種類・特徴と原因

①寒痺(かんじゃ)
 寒邪(かんじゃ)が経絡に入ると気が停滞するだけでなく、陽気も損傷し血行が悪くなり強い痛みを生じます。強い痛みが特徴のため痛痺と呼ばれることもあります。
このタイプは冷え性の方が多く、冬や冷房にあたると悪化する方が多いです。その為寒邪を発散して除く附子、桂皮が配合されている温熱薬を治療に用います。

②風痺(ふうひ)
 風邪(ふうじゃ)が体表部の経絡を阻害することで痛みます。遊走性のある痛みが特徴です。さっきは右手が痛かったのに、今は左肩が痛いといった状態です。
風痺は初期に起こりやすく、痛みはそれほど強くありません。
 治療は去風作用を持つ生薬を使います。防風、羌活といった生薬を中心に用います。

③湿痺(しっぴ)
 湿邪(しつじゃ)が停滞し気血の巡りを阻滞することで痛みが生じます。疼痛部位が固定化することが特徴です。梅雨の時期や雨天時、雨天前日に体が重だるくなり痛みが強くなるといったお話をよく聞きます。
 治療は除湿去風薬を中心に用います。蒼朮、防已、薏苡仁といった生薬を中心に配伍します。
瘀血が強い場合は活血作用のある川芎、丹参、三七を併用します。

④熱痺(ねつひ)
 熱邪(ねつじゃ)が関節や筋肉に侵入し体内の気血と争い熱証となって現れます。又は上記した寒邪、風邪、湿邪が長期間に渡り停滞する事で化熱し発症します。
関節、筋肉の赤く腫れた熱感が特徴です。触れたり温めたりすると酷く痛み、冷やすと痛みが軽減します。
 治療は清熱薬を使用していきます。石膏、知母、忍冬藤、桑枝を中心に配合します。炎症が落ち着いた後、寒邪、風邪、湿邪、瘀血が大本の原因として存在すれば其方の治療に切り替えていきます。

⑤頑痺(がんひ)
頑痺は関節が破壊され変形するのが特徴です。
長年にわたり身体の正気が損傷することで、先天の精、後天の精を蔵している腎が痛みます。すると腎精が不足し骨をうまく作ることが出来なくなり骨の変形が起こります。同時に肝血も不足し筋も強張ります。
変形してしまった関節を完全に元に戻すことは出来ませんが、時間をかけて治療をしていくことで悪化を防いだり、日常生活や痛みを改善していくことは可能です。
治療は補腎薬を中心に用います。桑寄生、牛膝、杜仲といった補腎・強筋骨作用のある生薬を用います。瘀血も併発している事が多く駆瘀血剤も同時に用います。

 

 

その他気になることや不安なこと、なんでもご相談ください。

042-359-4597

[営業時間]10:00~13:00/14:00~19:00